「開成入試は国語が鍵!」

開成合格を目指している生徒の多くは、中学受験の大手進学塾に通っています。

これは、進学塾の合格実績をみてもわかる事です。

たいてい3~4年生から進学塾に通い始め、同じくらいの時間勉強するわけです。

開成入試までに与えられる時間はみんな平等です。

もちろんみんな必死で勉強しているわけです。

同じようにみんなが勉強しているのなら、合否を分けるのは一体何でしょうか。

もちろんもともとの能力の差、それまでの家庭環境の差はあるものの、
多くは「効果的な勉強」「効率」を考えた勉強をしているかどうかです。

最近開成など難関中を受験する子ども達が、進学塾+家庭教師を利用するのもそのためです。

つまり、効率的に家庭学習ができる「ノウハウ」を教えてもらうわけです。

そこで今回は「中学受験家庭教師 アクセス」の志望校対策について調べてみました。
アクセスの分析によれば、開成の入試問題の特徴は、「問題数は多くないが、一問一問思考力、記述力、知識の応用力が問われる」「算数・理科はやや易化傾向で国語が合否に大きく影響する」「国語は大半が記述式」「理科・社会は大きく点が開かないため失点は命取り」と言う事です。
さて、開成の入試では国語が合否に影響すると言われていますが、
その問題は記述式が8割をしめ大変難しいそうです。

ただ、合格最低ラインは55%と言う事ですので、捨て問をうまくみつけられるようになれば、点がとり易くなるのではないでしょうか。
アクセスでは開成の攻略ポイントは「取捨選択力」「高度な思考力」「記述力」だとまとめてあります。