「開成国語の合格対策」

中学受験では志望校対策が重要と言われています。
開成には開成にあった受験対策が必要なのです。

そこで、今回は「開成中合格対策ドクター」のサイトで、
開成の国語について調べてみました。

このサイトは、中学受験のプロ講師が開成入試の出題傾向分析や合格戦略、時期ごとの学習、塾別対策などを公開したものです。

さて、開成の国語の文章ジャンルは、論説文、随筆文、物語文に分けられます。
論説文については現代社会の流れを受け、自分自身の生き方を考えさせるという趣旨の題材が増えていると言う事で、随筆文についてはそれ以外にも戦争や人権を背景にした文章も出されているそうです。

物語文は、師弟、親子、動物に関する愛情をテーマとした文章が多いのですが、
平成22年には戦争時代の思想を背景とした心情の読み取りや人間の二面性を描いた文章も出題された事からこのようなタイプにも注意が必要と言う事です。

勉強法としては、まずはこの傾向を踏まえて入試問題から似た題材を選びどんどん読んで行く事だと言います。
その際、効果的な読み方がいくつかあるそうです。

開成中の物語文では、小学生にとって身近でないものが多く長文なので、漠然と読むと正確な読み取りができないという特徴があるそうです。

そのため物語文に対応するには場面ごとに内容を整理しながら中心人物の心情の変化をとらえる事を意識して読む必要があるそうです。

設問に関しても、開成は色々なタイプの記述問題を出すので、
要旨説明、主題説明、表現効果、情景描写で描かれている事の説明や意見作文などには、特に慣れておく必要があるそうです。