開成の問題 国語力で解く

開成の受験は、もうすぐです。
来年、再来年に向けていい結果を残せるように今から頑張りましょうね。
私は、開成のような難関中学校を受験するためには、算数が大事と常日頃から思っていて、実際子どもにも実践しています。

ただ、最近、開成の過去問をいくつか解いてみて思ったのですが、
やっぱり国語も大事だなってこと・・・。
当たり前のことなんですけどね。

私は子どもの時、算数が大好きになって算数を頑張ったし、
「国語は、日本人なんだからわかるでしょ?」と今まで安易に考えすぎていました。

実は、算数の問題が解けない子ども達のなかには、
問題の意味や答え方がわからない子どもがいるのではないかと思ったからです。

よく、算数も社会も理科も、問題文がわからないと始まらないから、国語は大事だよと言われてはいたものの、実際自分が国語は得意で困ったことがないから気づかなかったのです。

国語、勉強しましょう。
開成の算数の問題解いてて、実は、どうやって悩んだ問題があります。
問題読んでて一瞬「??????」ってなったのです。

中学入試は時間が必要です。
じっくり考えていたのでは、答える時間がなくなってしまうのです。
まず、よく読む力、読解力が必要です。それから、速く読む、速く書くことになれていないといけません。
普段から読む癖書く癖をつけましょう。

私の国語力アップ法は、本を読んで感想文を書くことです。
まあ、文章にもなれないといけません。開成の過去問、しっかり勉強しましょう。