開成の環境

中高一貫校である開成学園、明治4年に開設された古い学園で、東大などの難関大学への合格率でも有名ですが、
開成学園はその施設も大変充実しています。

視聴覚教室は、中学と高校に一つずつあり、97年に新築された中学の新校舎の方は、照明やスクリーンがコンピューターで制御でき、ビデオや実物投影機などが組み込まれています。

コンピュータ教室には、ウインドウズで、LAN接続されているパソコンが50台以上あり、授業の他、生徒が放課後にも自由に使うことが可能です。

理科教室も6つ、天体観測ドームまであります。天体観測ドームは、12.5㎝光景の屈折望遠鏡があり、太陽観測も行っています。

グラウンドも第一グラウンド、第二グラウンドとあり、体育館も2階建てです。

開成といえば、勉強ばかりのイメージですが、運動部などのクラブ活動も盛んで、
野球、ラグビー、サッカーやバレーボール、バスケットボール、フェンシングなど様々な部活動を行っています。

図書館には、約5万冊の蔵書、CDも1300枚以上あります。
図書館は、学習室としても利用できるようになっています。

その他、ステージのある食堂や中学校の行動兼小体育館を始め、
理科の実験室や社会科教室、音楽教室、美術教室を備えた特別教室等があります。

また、素晴らしい教師と意欲を持った友人が開成にはいます。

開成では、このような環境の中、生徒自らが、積極的に学び充実した学園生活を行うことができるよう、工夫されているのです。