遠くからの受験の際

開成中学と並んで有名な中学といえば灘中ではないでしょうか。

灘中の偏差値は70以上といわれ、開成よりも偏差値だけでいえば上といわれているほどです。
開成や灘中を受験しようという人は一度はどちらを頑張ろうかと悩むのではないでしょうか。
もうひとつ有名な中学は筑波大駒場もありますね。

この3つの中学が日本では難関中学のトップ3となっています。
全国から受験者というのは来ているようですが、受験する前に疑問に思うのは、近くに住んでいない場合、どうやって皆さんは通学しているのだろうかということではないでしょうか。
近くに住んでいれば通学もしやすいのですが、全国から集まっている分近くに住んでいない人も多数います。
そうした人は近くで下宿しているそうです。
開成や灘を受験しようとすると、塾に通う人も多いと思いますが、そうした塾でも下宿に場所などについての情報を提供しているところもあります。

ちなみにどちらも寮はないので、遠くから受験して合格した場合は下宿を利用するしかないようです。
中には近くに引っ越してという家族もいらっしゃるようです。親戚が近くにいるので一緒に住んでいるという方もいるようです。
ただこうした中学の校長は中学生での下宿はかわいそうなのでやめてほしいということをおっしゃっています。
中学生で親元を離れて頑張るというのは、よほど強靭な精神力が必要となると思います。親元を離れ一人暮らしというのは自堕落な生活に陥ったり、学校に行かなくなったりといったことも考えられます。遠くから受験を考えている人はこうしたこともしっかりと考えておきましょう。