私立と公立について

開成だけでなく中学受験は人気ですよね。
中学受験を受ける人が増えているわけには私立校が人気だからとも言えます。
どうしてこのように私立校が人気になっているかというと、公立の学校の評判が良くないということも原因にあげられます。
学級崩壊や不登校、いじめ問題といったことが公立学校でよくきかれ、そのような不安なところに子どもをいかせたくないということから私立の学校を受験させる親もいるため中学受験を受ける人が増えているのです。

公立学校全部がそういったことはなく、しっかりとした学校もありますがどうしてもそういったことを聞いてしまうとそれなら私立にいきたい、いかせたいというものではないでしょうか。
しかし私立の学校の場合、独自のカリキュラムを持っていて明確な目標を持って授業を進めます。
以前ゆとり教育がなされましたよね。そのときでも公立では大幅に授業時間が減らされてしまい私立との格差というのは広がってしまいました。
学力の面でも、学校生活の面でもやはり違いがでてしまい私立学校の人気が高まっていっているのです。

公立学校が悪いということではありませんが、よりしっかりとした勉強をしたい、将来のことをしっかりと考えたうえで選択したというとなるとどうしても私立を選ぶ人が増えてしまいます。
そうした状況の中、いかに自分が頑張っていけるかが大切ではないでしょうか。